日本の旅

 令和元年7月3日に四国一周を終え、47都道府県総てに行った事になりました。当然写真も沢山撮っております。

 まあ、今までも、坂・路地・階段のページで、東京や神奈川、北海道、大阪などなどの坂・路地なども載せておりますが、坂や路地に区分けするのも面倒なので、大体地方別に坂も路地も看板もひっくるめて載せておりますが、どっちに重点を置くか考えるのも面倒なので、各府県専用のページを作りました。

 北海道は、坂のページに載せておりますので、まず初回は、北の青森から…県に付いている番号順に下りて来ます。愛知県などの様に行ったのは高校時代が最後…の様な県は映像は有りませんので、悪しからず。

22静岡県 R3012更新

 初めては…中学2年の修学旅行。
 続いては、職場の研修旅行…平成25年に天城越隧道へ…平成26年には熱海の路地歩きも…。

 

 26年3月25日熱海の坂階段廃墟

 太平洋から昇る朝日が見られるかなと思って熱海に一泊…地形上見られませんでしたが、大好きな廃墟や坂や階段に巡り会えました…坂・階段のコーナーにも同写真があるカモですが…。

 

 熱海の夜明け…。

 

 海辺の廃墟…トーチカみたい…。

 たまりません!

 大好物の景色

 

 廃墟と階段

 

 坂とお社

 熱海のY字路

 

 廃屋と階段の絶妙なコラボ

 

 素敵なV字階段

 

 熱海駅の長いホームの端っこにあるトイレ…間に合わないかも…。

 

 25年11月27日天城越え

 

 

 

 


  

 

 

 

 道端の古いお社

 

 常連の滝へ降りる階段…ムチャクチャ急なのですよ。

 

 あの浄蓮の滝ですよ…良かったですね。

 

 浄蓮の滝を後に…凄い階段を上って行くのですよ…

 

 わさび棚

 

21岐阜県

 初めては…昭和46年の高校2年時のヒッチハイク後の旅行で宿泊した中津川駅。          翌年は第3回中津川フォークジャンボリー、その後、昭和62年頃の職員旅行で飛騨高山へ。       平成28年10月11日北さんの案内で初関ヶ原へ。

 

 関ヶ原の博物館の前の建物

 

 全部回るには一日がかりでしょうね。

 

 顔出し看板

 古戦場跡の碑

 

 石田三成の陣跡へ向かう階段

   

 石田三成の陣跡

 

石田三成が布陣した山から望む関ヶ原…右側の山に裏切り者の小早川秀秋が布陣していたのですね。

 この後一番好きな戦国武将である大谷吉継の碑へ行こうと思ったのですが、車では大変様なので断念しました。

 

20長野県 21205更新

 初めては…昭和46年の高校3年時のヒッチハイクの旅で白馬学生村へ。
 その後は、昭和52年の新婚旅行…昭和63年の安塚時代の毎年の家族旅行…などなど…最新は平成27年11月の小布施北斎旅行。

 小布施にある北斎が描いた天井絵や山車の絵を見たさに行ってきました。

 初めて乗った北陸新幹線。

 長野駅…すっかり新しくなっておりました。

 

 小布施行きの電車 新しくて…ちょっとねぇ

 小布施駅

 

 小布施駅ホームの踏切…のどか


 お目当ての北斎館…90歳近い年齢であれだけの絵を描くとは…凄いの一言。

 

 何処にでも古家は有る

 

 「東北弁あるある」で「おちる方がしんでからお乗り下さい」ってのが有って…つい。

19山梨県 

 初めて行ったのは、昭和58年頃の研修旅行。その後は平成9年の研修旅行…そして平成23年11月のカミサンとのバスの旅。

 バス旅行一番の思いでは…このつるし柿…本当に綺麗でした。

 

 真珠屋さんで売り物にならないクズ真珠を触らせてくれるコーナー! 

 

 忍野八海の神秘的な池…写真ではわかりにくいですけど、底まで見えるのですな。

 

 夕暮れの富士山

18福井県 

 初めては平成2年頃の家族旅行…その後夫婦旅行で行ったり、福井に転勤で行っていた三流亭軽団児さんこと北さんに呼んで頂いたり、結構行っているのですが…デジタルの記録が無いのです。

17石川県  21019更新

 初めて行ったのは平成2年頃、カミサンと…兼六園・金沢城・東町茶屋街などを散策。

 その後、平成29年6月9日に口演を依頼され、前日と当日に金沢観光を…城の周囲は古い町並みが残っているし、茶屋街も主計町と西町を徘徊…楽しい街。翌日駅の反対側に回れば広い道路と近代的な建物が…素晴らしい…新潟なんか足下にも及びませんな。

 素敵な建物や風景が多すぎて相当に減らしました。

◎平成2年6月8日~9日

 

 金沢駅…新潟駅となんと違うことか…。

 

 ホテル近くの路地で…堪らないですね…この感し。 


 利家と松がお祀りされております…素敵なステンドグラス。

 

 雰囲気のあるお店

 

 場末?の飲み屋街

 

 裏通りの古い家

 

 大好物の古い家

 

 素敵な見越しの松

 

 煉瓦のビル

 

 素敵なビル

 

 ゆるい無名坂 

 

 川沿いの素敵な「主計茶屋街」

 

 

 裏路地へ…

 

 裏通りに有る素敵な坂。明るく写ってますけど「暗がり坂」…本当は薄暗いのです。 

 

 「暗がり坂」のお隣の…素敵な「あかり坂」

 

 

 

 裏道が面白い

 

 たばこが吸える「禁煙室」…

 

 宿へ帰ろうと…何気なく曲がった路地の先に…古い医院を発見…金沢市の文化財らしい。

 横溝正史か江戸川乱歩の世界。

 

 隣は住宅?

 

 そこを曲がっても医院…これだから徘徊はやめられない。

 

 

 裏側も素敵…配管外れてるし…

 

 

 古いアパートが素敵

 

 夕焼けの犀川 

 

 

 

9日の朝…犀川河岸の「はまぐり坂」素敵な坂でした。

 

 

 有名な割烹旅館…坂沿いの正面から見ると木造3階建て…楽栗さんのお父上の実家だそうで…ビックリ。


 河岸から見ると…4階建て…一部5階かも…。 

 

 犀川河岸の純粋階段

 

 犀川から西町茶屋街へ向かう「瓶割坂」

 朝の西町茶屋街…東町よりも作られ感が強くて…綺麗すぎますね。

 お城の堀から引いている用水路…素敵ですね。

 一般住宅も素敵

 

素敵な窓の昭和のガラス

 

 西町茶屋街脇の神社

 

 西町茶屋街の裏路地…一般住宅も素敵

 

 寺町の路地

 

 犀川河岸のすてきな階段

 

 別の階段

 

 厳禁看板

 

 これぞトマソン…ヒロシマ

 

 宿泊したアパホテルに有った素晴らしい本…当時話題になっておりました。

 

 ♫君と出会った香林坊の~♪ 香林坊のシンボル

 

 道の脇の用水路が欧州を思わせますね。


 金沢駅の反対側…海側には近代的な都市が…素晴らしかったなぁ…。

 

 

16富山県  20903更新

 初めて行ったのは…平成2年頃、安塚に居た頃の家族ドライブ旅行…。

 その後はカミサンと、黒部トロッコに乗りに行ったり、黒四ダムに行ったり…落語口演も。

 高岡市がとても良かった。

  令和元年にはSさんのお誘いで、夢人さん夫婦・YOKOTAさんと「おわら風の盆」も行きました。

○黒四ダムツアー(H27.8.25~26))…黒四ダムに行きたくて個人では大変なのでバスツアーで

 黒部のトロッコ…二回目だった…初回の写真はフィルムかな…。

 

 トロッコ電車と真っ赤な鉄橋のコラボ

 

 有名な猿の釣り橋…

 

 トロッコから…欧州のお城みたい

 

 電車が…鉄っちゃんじゃないので、詳しくは分かりません(宇奈月駅)。

 

 凄い看板…警備隊があるのですね。

 

 どって事ない看板ですけどね…私の本名がね…私は安全なんだけどね…

 

 ロープ-ウェイ…兎に角、バスだのなんだのに沢山乗り換えます。

 

 ケーブルカー

 高所恐怖症でも覗いちゃいました。

 来て良かった~

 

 業績には犠牲と艱難辛苦が…

 

◎富山市(H28.3.30) 前日に落語に呼んで頂き、翌日は夕方まで観光で徘徊…。 

 富山と言えば…薬売り…駅前に銅像があります。お土産は紙風船…これは出雲崎産。

 

 

 どうしたんですか二の宮さん…苔なのか?


 
 
ノーベル賞受賞者が…住んでいたとか…勤務していたとか…そんなプチ自慢  

 

 素敵なサービスですね…雨の日になると傘を入れるのかな?

 

 凄い研究をしているのでしょうね…

 

 安っぽい感じ…の富山城…

 

 満開だったらすごかったでしょうね…遊覧船…狭い!! 短い!!

 

 路面電車

 

 一老…深いネーミングなのでしょうか?。

 

 舐めきった様な石像

 

 路上観察学的建物

 

 観光の目玉?…展望台ですけど…何もありません…タダだしね。

 

 岩瀬の地を徘徊

 

 海運で栄えたのでしょうね。

 

 豪商のお屋敷

 

 銀行も無理矢理町並みに合わせて…

 

 この工場が一番素敵でした…正直…。

 

 昭和のレトロモノが沢山

 

 昔の駅舎を保存して使ってました。


 絵が可愛いのですよ。

 

◎高岡市(H28.11.6-7) 氷見市に落語に呼んで頂いて、その日の午後から翌日まで高岡市を徘徊しました…本当に素晴らしい街で…お見せしたい写真を選んだら100枚以上になっちゃって…涙を飲んで少しだけ…

 高岡市最大の有名人…藤子・F・不二雄さんの博物館です。

 

 こんな看板…好きですね。

 

 とまり木にとまってみたいですね…。 

 

 高岡市は、市を揚げて昔の町並み商店の保存をやっているのですね…だから、町並みを歩いているだけで飽きません…その裏の路地も面白いのですよ。また行きたい街ですね。

 

 トタンの錆がたまりませんな…。

 

 ガラス戸がねぇ…素敵なのですよ。

 

 これも大好物の△の家…

 

 路面電車…

 

 石畳が素敵な町並み

 

 

 路上観察学的建物…

 

 これをじっくり読む子は悪くなりませんね…。

 

 映画のセットみたい…

 

 レンガに夕日の当たった色…

 

 大好物の蔦屋敷

 

 中国風?…

 

 夜のお店も…そっちの方じゃないですけどね

 

 有名な高岡大仏…ライトアップが素敵…朝見たらナポレオンズのボナ植木さんにソックリでした。

 

 

 一口で食べちゃダメなんです…二口で食べて下さい…??

  

 兎に角素敵な建物ばっかりで…並べます…こんなもんじゃ無いのですけどね。

 

 

 

 

 たまりませんな…Y字路…大好物

 

 観光用に作られた街の裏にも素敵な建物が…

 

 素敵な窓ガラス

 

 この旅の最高の発見…素敵な廃屋…3枚も載せちゃった。

 

 

 この家に出会えて本当に良かった~…もう取りコワされて無いかもしれないものね。

 

 

◎おわら風の盆(R10901~2) こちらも沢山写真があるんですけどね…多すぎるので…涙を飲んで一寸だけ

 まずは、八尾の素敵な建物達を…

 

 

 

 

 唯一の階段の写真…乃木大将も歩いてんだね…

 

 唯一の坂の写真…「ごうどうの坂」

 

 ステージ上での各連の踊り

 

 すげ傘から覗くお顔が素敵

 

 骨を踏んで分けちゃうんだ…

 

 日本家屋のステンドグラス

 

 これぞ風の盆

 

 

 翌日…富山城址公園へ…富山市やる~

 

 富山城址の御触書

 

 有名なガラス館へ…

 ガラスの犬

 

 ガラスの美術品

 

 

 

 ぶっちゃダメ!

 

 映画の舞台になったのだそうです…映画は見ましたけどね…。

 

12千葉県 20806更新 

 初めての千葉は、昭和56年に当時千葉に住んでいた友人宅への宿泊。 

 更に昭和58年頃の研修旅行…鴨川シーワルドに行った記憶が有ります。

 その後は、TDLや牧場などへ家族で行ったり…平成26年から6年連続で木更津へ呼んで頂いておりますので…木更津を中心に。

 江戸時代から木更津は港町として栄えましたが、そこは木更津駅西口から港までの間です。東側には古墳も有り、日本武尊の頃から栄えたようです。しかし、残念ながら時代の流れでしょうか…すっかり寂れております。

 駅を背にして左側に飲み屋が少し…ボーリング場なども有って賑やかだった時代もあるようですが、毎年どんどん無くなっております。

 右側は元の官庁街や商店街だったのですが…廃店が多く、淋しい状況になっています…しかし、廃屋フェチの私には大好物が多くて楽しめました。 

 東側は、アウトレットも出来、新興住宅街が開けております。高低差も凄いので、初めて行った年は坂道徘徊もしましたが…新しい建物が多いのでイマイチです。

 木更津は、歌舞伎でも有名な…切られ与三郎の出身地です。

 

 切られ与三郎の墓

 

 いじけた顔をしているので「いじけ観音」と名付けてみました。木更津駅東口に有ります。

 

 路地…

 

 廃蔵

 

 木更津で一番有名な…証誠寺の狸囃子の証誠寺です…もう誰も観光には来ないようですけどね…。

 

 証誠寺境内の狸の碑

 

 昔の看板

 

 廃ビル…

 

 廃屋

 

 「幽霊柳」と名付けましたが…もう有りません…。

 

 廃屋


 古工場?…アパート?…既に有りません。

 

 

 古家…もう有りません。

 

 木更津の数少ない?名所の太田山公園内に有った、日本武尊と乙橘姫の像…博物館も良かったですよ。

 

 公園の中の階段

 

 木更津高専の脇にある「怨念坂」…運動部の人達が付けた名前らしい…いや~キツかった。

 

 

 階段も凄いのですよ…

 

 駅の東側は高低差が凄いのですね…無名の坂

 

 駐車場の車止め…可愛い犬たち

 

 蔦ビル

 

 素敵な古店

 

 木更津キャッツアイの頃は流行ったのでしょうけどね…今は…有りません…。

 

 駅西口の左側の飲み屋街の路地…

 

 

 与三郎通り商店街…お店はね…ほとんど有りません…

 

 蔦屋敷

 

 木更津警察署発祥の地

 

 軍用兎の碑…兎…なに??


 切られ与三のお友達…こうもり安のお墓…実在の人物だったらしい…。

  

 

 栄えていた頃の建物…此の辺が官庁街だったらしい…

 

 木更津港が賑わっていた頃から有ったお店らしい…前の通りがメインストリートだったのですね

 

 「ジュエリー」じゃないんだ…「じゅうりー」なんだ…

 

 元は何??

 

 右新しい…左旧い…眼科医院

 

 元は何だったのでしょう?

 

 蔦の家…

 

 廃墟??

 

 お休みなのか…辞めたのか…床屋さん

 

 NHKの72時間で取り上げられた弁当屋さん

 

 廃店

 

 廃自転車屋

 

 廃店

 

 証誠寺のマンホール

 

 木更津駅西口にいる狸さん…普通は何も着ていないのだけど、この日はお祭りなのかハッピを着てました。

 

 駅西口を背にして右側へ…先回廻らなかった所を徘徊…。

 蔦が髪の毛に…見えないか…

 

 「ひたちや」…穴だけ

 

 素敵なお店

 

 古い病院跡

 

 パン屋さんの古看板

 

 店の名前は「文明軒」…味が有りますね…閉店かな?

 

 車が邪魔だけど…素敵な古店  

 

 閉めちゃった銭湯…

 

 古い店

 

 古い蔵

 

 上って見たかった木更津港の橋…高くて怖いし…風が強かったし…時間が無かったし…

 

 木更津駅西口に有る総合ビル スパークルシティ…初めて来たときは木更津キャッツアイみたいな連中が一杯いると思って入らなかったけど…入ってみたらほぼ空きビルで…高齢者のたまり場でした。

 

 2階はガラガラ…

 

 でも、ヒーローもいました。

 

 上のスパークルアクアは木更津市役所のなんでもやる課の課長さんでした。

 

 唯一賑わっていた1階の100均が…令和元年に閉店しちゃいました…もう来ることは無いと思いますけど。



11埼玉県

 初めては…記憶に無いが、昭和56年頃に職場の研修関係で行っていると思うけど…。
 平成17年頃に長女が埼玉に就職し、そのまま埼玉で結婚したので…毎年何回も行っておりますよ。

 写真は、平成17年8月19日、孫と川越に遊びに行った時のモノ。

 カミサンと娘と孫と別行動で…まず行ったのが、喜多院。春日局の部屋を見たり…写真は五百羅漢

 

 川越のシンボル「時の鐘」

 

 途中で見つけたゴミ屋敷

 

 美味しい古家。


 

 蔵通り…

 

 

 蔵は無くてもこんな家も好きです。


 


 

 豪華な建物ですね…田中屋と読めますね。


 大正通…大正時代の建物が残っているのですね。

 

 元銀行でしょうね。

 

10群馬県 20722更新

 初めては…高校3年(昭和46年)夏に軽井沢からの帰途に高崎駅に下りた時。その後は群馬落語会との交流も有ったり、仕事で寄ったり。夫婦での最初は、平成29年6月27日。カミサンが「こんにゃくパーク」に行きたいと言い出したのが最初。その後は、「吹割の滝」観光も。

 日本のナイアガラ…「吹割の滝」…いや~結構でした。

 

 

 

 

 

 

 川上にはお堂も有ります

 

 熊も出ます

 

 崖の上から見ると…

 

 秋も素敵でした。

     

 

 こんにゃくパーク…2回行きましたね。

 

 目当ては無料バイキング…タダで食べれば買い物をしちゃうよね~。  

 

 

  

 お客に営業活動をさせようとは…なかなかやるのぉ…。

 

 富岡製糸場近くの面白い建物。

 

 「こんにゃくパーク」だけでは淋しいので…近所に有った世界遺産「富岡製糸場」へ…まあ、空いていたこと…2度行く所じゃないものねぇ。

 

 大分痛んでおります。

 

 何処にでも有りますな…。

 

 富岡製糸場内の建物…寮だったかな…。

 

 窓の飾りが…新しいみたいですけどね…

 

 何処にでも古家は有る!

 

 緑の屋根と隣の倉のコラボが気に入りました。

  

 大好きな古いお店も…

 

 銀座通りですよ…凄い凄い

 

 

 富岡製糸場近くを徘徊していて大好物の廃屋に巡り会いました。

 

 ポンプの井戸も…

 

 美味しい美味しい… 

 

 

 古い洗濯機も素敵。

 

9栃木県 R020701更新

 20歳代で職員旅行などで行っておりますが…画像が残っているのは今のところH18.7.1だけ。その後バスツアーで足利のフラワーパークに行って素晴らしい藤を見てきたのですが…画像が行方不明です。

 H18.7.1は、鹿沼で落語会があり、翌日、艶笑夫婦・夢人夫婦・ヨコタ・楽々夫婦・丹馬・栄歌さんたちと日光東照宮に行きまして…その時に撮影した…ベタな彫刻2枚…スミマセン。

 三猿

 

 眠り猫

 

8茨城県

 しっかり茨城の地!と思って行ったのは、H29.7.11、カミサンと観光名所「袋田の滝」に行きました。水量が少なくてイマイチでした。それよりも昼食の豆腐料理が素晴らしく…その後も豆腐食べるだけのために行っております。

 R2.1.14 埼玉の娘の家からの帰りに遠回りして豆腐屋へ…

 

 

 R01.6.11 ただただ、豆腐を食べに行った豆腐屋さん…この後福島経由で帰りました。

 サービスのお豆腐!

 

 トイレで…



 

 H29.7.11 豆腐屋さん

 サービスのお豆腐…食べ放題温かくて美味しい!!

 

 

 やや少ない…年々水が少なくなっているそうです。

 

 トンネルから…

 

 袋田の滝近くの吊り橋

 

 自動ドアだと思ってぶつかるのでしょうね…。袋田の滝の土産物屋さん。

 

 帰りのドライブインの燕の巣



7福島県

 隣県の福島県は、昔は新潟市内の小学生が修学旅行に行く県で、私も6年生の時に一泊で会津若松の鶴ヶ城と飯盛山へ行っております。これが最初ですね。その後は通過が多いし、県境のお寺に落語で何回も呼んで頂いておりますし、中家すゞめさん達にも呼んで頂いております。

 

 R01.6.11 茨城の豆腐を食べに行った帰りに寄った観光地「塔のへつり」…面白かった。

 

 





 吊り橋の先の階段


 

 石仏群


 

 良い階段

 

 良い雰囲気の駅

 

 H27.5.6 カミサンとカレーヤキソバを食べに行ったお店…この後に引っ越したそうです。 

 

 

 

 H27.3.20 いさんさんに呼んで頂いた伊達市で会った神社の素敵な塀

 

 よく「楽々亭さん」と呼ばれますね。 

 

 

 H26.6.21 すゞめさんにお声を掛けて頂いてカミサンと福島市に行って見つけた雰囲気のあるお店

 

 

 会場に有った「ふくしま弁」の自販機

 

 H21.5.2カミサンと行った福島の諸橋美術館…ダリの絵などが常設しているのですな…ここが第一目的地 

 

 美術館から望む磐梯山

 

 会津武家屋敷

 

 会津出身の西郷四郎こと姿三四郎の「山嵐の像」…正直足を跳ね上げていないのはおかしいのですけどね。 

 

 坂本龍馬を斬ったと言われている佐々木只三郎の墓

 

6山形県 R20626更新

 北の隣の県なのですが…秋田と同じでドライブ旅行が最初…次は30歳代に、全国講習で一緒だった方のお宅へお邪魔して佐藤錦取り放題という夢の様な一日を子供達と過ごしました…最近は平成28年7月15日クラゲで有名な「加茂水族館」に夫婦で行ってきました。 

 幻想的なクラゲの水槽…。

 

 

 庄内藩のお殿様は釣りを健康に良いと奨励していたが、悪天候にも関わらず大波に飲まれた者がいるので今後は気を付けるように…ってお達しが有ったそうです。理屈の通じない釣り馬鹿には無理無理。いつの時代にもアホはおりますよ。

 

 ひょんな所で、間寛平さんを発見…若い頃の堺正章さんかも?

 

5秋田県 

 20歳代に職員旅行のドライブで通過したのが最初で、次が、平成25年2月7日(私の59歳の誕生日)。企業さんの安全大会で、企業さんの方々と朝一の電車で秋田駅に着き、駅で昼食…その後企業の営業所を回って、ホテルの会場で口演…そのまま宴席。翌朝ホテルで朝食を摂って…速攻秋田駅から電車で帰宅…観光地は一切無し。

 写真も秋田駅と…

 

 駅の中のSL…。

 

4宮城県 20616更新

 初めて行ったのは45年位前の職員旅行。

 最近は、平成25年から、震災で被災した某お寺に8月の13日お邪魔して落語をやっておりますよ。ま、自分の家族の新盆を除いて、H25・27~30の4回行っております。

 カミサンと、8月12日に先乗りして、アウトレットや青葉城・宮島・石ノ森章太郎記念館などの観光をして、夜牛タンを食べて、翌日の帰り道にお寺に寄って…という形を取っております。

 その他R1年10月は防犯のお仕事で全く何処にも寄らずに日帰り…コロナのお陰でR2年はお寺もお休みでしょうが、一日も早く再開できると嬉しいですけどね。

 カミサンと初めて行った時の青葉城…この周辺は坂の宝庫なんだけど…カミサンと二人で、更に車だし…致し方無し。

 

 

 

 折角行った「松島」は雨…残念 

 

 

 石巻の「石ノ森章太郎記念館」

 

 ときわ荘の模型…部屋の中の週刊誌まで…イヤ細かい…。

 

 お気に入りの「左武と市」

  

 一番好きな「さんだらぼっち」

 

 カミサンの初恋の人…島村ジョー

 

 記念館内の漫画家さんの色紙

 石ノ森章太郎氏の手…握手が出来ます…思ったよりも小さかった。

 お寺の近所の被災家屋が二棟…モニュメントとして残しておく…と聞いていましたが…どちらも撤去されました。

 

 

 

 23・3・11…赤矢印まで津波が来ました。

 

 津波が来た高さ…

 

 3・11直後のお寺の状況…。

 

 お寺の周辺の写真…この中でお寺以外は全て無くなってしまいました。

 

 お寺と海の間には嘘みたいに長い堤防が有ります…そして、その先の海までは何も無い砂浜が広がっています。もう昔は戻って来ないのですね。

 

 

3岩手県 20612更新

 平成29年9月1日に、JR乗り放題4日間の旅の一日を使って初岩手へ。青森も乗り放題の一日利用…東北地方で二つ残っていた未踏の地である、青森と岩手に行ってみたのです。

 花巻にも興味は有ったのですが、時間も無くって盛岡市街へ。

 

 東北新幹線を降りると、迎えてくれるのは名物の南部鉄瓶…何杯お茶が飲めるのだろう。

 

 素敵な盛岡駅…新潟駅は…さっぱり…。

 

 北上川に掛かる橋…♪北上川原の~ と歌ってしまう。

 

 岩木山…雲が残念

 

 盛岡城跡…残念ながら石垣だけ…。

 

 

 階段はこの写真だけ…。

 

 本当に烏帽子に見える烏帽子岩は少ないですけど…見えますね。

 

 東京駅と同じ設計者の銀行…最大の名所の様です。

 

 煉瓦の建物が僅かに残っています。

 

 煉瓦のお店。

 

 古いお店。

 

 観光用に作られた街道の町並み…「盛岡町屋」…作りすぎはねぇ…。

 

 みんなが使っていた共同水場「大慈清水」…でもね…綺麗すぎ…。

 

 この自然の古さ。

 

 古い看板と古い建物…これが好き。

 

 新しさがプンプンでねぇ…。

 

 古い家も…そのまんまが良いですね。

 

 作られたお店より…こっちの方が大好きなのです。

 

 ちょっと綺麗すぎますよね。

 

 壁の白さが結構ですけどね。

 古さが良いですねぇ

 

 最高の窓ガラス…大好物ですね。

 

 重厚な銀行

 

 昔ながらのお店

 

 消防の火の見櫓が名所だそうです。

 

 標語がね…叱咤激励されているような気が…「けれどけれどで 何もしない」私にとってはね。

 

 愛想の無い倉…良いな。

 

 こういう昔ながらの商店が良いのですね。

 

 こんな歴史のある看板が嬉しい。

 

 雰囲気のある古本屋

 

 中津川に掛かる「かみのはし」…橋の擬宝珠が有名だそうです。

 

 こんな土蔵がもっと有ると面白いのですけどね。

 

 最後の方に美味しい建物が少し有りましたが、開発されすぎていて面白みに欠けましたね。坂も階段も路地も…もっと時間が有れば回れたかも知れませんがねぇ…。残念でした。

 

2青森県 20609更新

 平成30年6月30日に、弘前市を中心というか、ほぼ弘前城を中心に徘徊しました。坂は有りません…階段は…弘前城の中だけです。

 東北新幹線の新青森駅で出迎えてくれたねぶた 

 

 同じくこけしの人形…ちょっと不気味。 



 弘前駅内のミニ電車

 

 城へ向かう途中に有った「百石町展示館」

 

 展示館脇の赤レンガ塀 


 弘前城追手門…葉桜でしたが…桜が満開のころは凄いでしょうね。

 

 

 弘前城…曳家をしてここに来ておりますが、本当は堀の方に有ります。

 

 唯一の階段の写真…旧いや急です。

 

 弘前城の向かいに「弘前観光館」と言う施設が有り…たか丸くんが出迎えてくれます。施設の中にはねぶたの人形が沢山有りましたが…載せません。

 

 弘前観光館の裏手に、明治大正時代に弘前に有った洋館が移築されたり、ミニュチュアが有ったり、素敵な空間がありました…素敵でした。


 

 

 

 ここからミニチュアの洋館を沢山…

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 本物の青森銀行記念館

 

 素敵な古ビル

 

 弘前教会

 

 老舗旅館…リニューアルが残念

 

 弘前カトリック教会




 城下町です。「徒橋」「徒町」と言う名前にそれが現れております。

 

 大好きな古家

 

 

 大好きな廃店

 

 止まれの足跡が微妙な位置に…

 

 弘前の古い家を…少々

 

 

 弘前の看板…情けを張ると言う事なのでしょうか? 「浄玻璃の鏡」と言うのはありますけど。

 弘前ではポストにリンゴが乗ってました。

 

 帰りは縄文人が見送ってくれました。